ヘルスケア

もしかしてインフルエンザ?気になる潜伏期間と対策方法

毎年12月から4月頃にかけて流行するインフルエンザですが、

どこで移るかわからず流行のニュースを見ると

人混みが怖くなりますよね。

ご自分もお子さんも具合が悪くなって発熱してしまったら

『もしかしてインフルエンザかも!?』と戦々恐々とします。

 

そこで気になる潜伏期間対策方法など、

インフルエンザに関する詳しい情報をお届けします。

 

インフルエンザの潜伏期間はb型って一体どんな症状

 

インフルエンザ潜伏期間が短いのが特徴です。

感染して1~2日発症すると言われています。

稀に感染してから1週間症状が現れずに、

その後発熱などの症状が現れる場合もあるようですが、

ほとんどの場合は1~2日で症状が現れ始めます。

言い換えれば、早ければ移ったその日に

熱が出てしまうということになります。

 

酷い寒気倦怠感に襲われ始めて、

のどの痛み鼻水といった普通の風邪と似た症状も出ますが

インフルエンザで特徴的なのは、

一気に高熱が出るところでしょう。

38℃以上の高熱が突然出て、

そのまま39~40℃を超える人も多いです。

特にA型と呼ばれるものは

高熱が出やすいと言われています。

インフルエンザに感染した人に話を聞いたところ、

普通の風邪よりもずっと酷い寒気と倦怠感が

辛かったと言っていました。

その人は予防接種をしていたので

熱はあまり上がらなかったそうですが、

寒気と倦怠感は風邪とはまったく違うように感じたそうです。

 

インフルエンザA型B型など色んな種類があります。

例年A型から流行り始めて、

その後B型が流行る傾向にあります。

またA型高熱が出やすく、B型38℃くらいの熱

それほど高く上がらないとも聞きますが、

全てがそのようになるわけではなく

B型なのに39℃後半の熱が続く人もいますし、

流行る時期も前後することがあります。

 

先程も書きましたが、B型はA型の後に

流行すると言われていて、

数年前にはゴールデンウイークの頃に流行して

学級閉鎖になる学校がたくさん出ました。

B型は春先、温かくなってからも流行することがあるので、

春だからと油断はできません。

症状はA型もB型もそれほど大差はありませんが、

B型の方が嘔吐など胃腸の具合が悪くなったり、

症状も緩やかに現れてくる傾向にあるようです。

 

インフルエンザって潜伏期間中にどのくらいうつるの?

 

インフルエンザ潜伏期間1~2日ととても短く、

すぐに発症して症状が現れます。

とは言え、初期症状は通常の風邪と似ていることもあり、

インフルエンザかどうか判断できずに

そのまま仕事や学校に行く人も多くいて、

感染が広がることに繋がります。

 

ではインフルエンザ感染したら、

いつから他の人に移してしまう可能性があるのでしょう?

実はインフルエンザは発症する1日前から

感染力があると言われています。

先ほども書いたように1~2日で発症するので、

その前日・・・つまり自分が感染したその日から

他の人に移してしまう可能性があるのです。

 

インフルエンザはくしゃみなどによる飛沫感染

ウイルスがついた手などとの接触感染

他の人に移してしまうので、

流行の時期は特に少しでもいつもと違う体の不調を感じたら、

まずはマスク着用して、ウイルスを

撒き散らさないように心がけましょう。

マスクはウイルスを他の人に感染させないため、

また自分自身が感染しないためにも有効ですので、

いつでも使えるように流行シーズンには携帯していると便利です。

 

また他にも感染を防ぐ対処法としては、

基本的なことですが手洗いうがいです。

こまめな手洗いとうがいが

何より感染から守ってくれますので、

面倒がらずに徹底して行っていきたいですね。

 

我が家は毎年インフルエンザの予防接種も欠かしませんが、

予防接種を受けたからといって

100%感染しないわけではありません

でも予防接種のおかげで感染しても

症状が軽くすむこともあるので、

重篤化を防ぐためにも有効です。

 

ただこの症状の軽減が別の問題も引き起こしています。

インフルエンザに感染しても予防接種を受けていると

熱があまり高くならなかったり、

他の症状も軽く済むので普通の風邪と勘違いして、

通常の生活を送ってしまうことで知らず知らずのうちに

ウイルスを撒き散らしてしまう人が多くいるのです。

一般的にインフルエンザは発症後5~7日

感染力があるため出勤停止出席停止の措置が取られて

自宅待機するようになっていますが、症状が軽い場合、

インフルエンザだと気付かずに出歩いてしまいます。

最近のインフルエンザの流行にはそういった原因も

隠されているんですね。

 

まとめ

 

インフルエンザ感染力が強く

かかると高熱などの大変な症状に襲われますし、

お子さんの場合は脳症などの心配もあると言われています。

お年寄りで亡くなる方も毎年いますよね。

 

そんな怖いインフルエンザですが、

今は発症後48時間以内に服用すると

効果的なも出ていますので、

風邪かもしれないと自己判断せずに

少しでも不調を感じた時は病院を受診して、

時にはインフルエンザ検査を受けることをおすすめします。

素早い行動が早く辛い症状を抑えられますし、

周りの人に移してしまうリスクも減らすことに繋がるのです。